風俗嬢をよく観察して、遊び方を変えるのが楽しい

セクシーな女性

風俗嬢をよく観察すること


堺のデリヘルや福原のソープのお店に行った時には、堺デリヘル嬢や福原のソープ嬢にあれこれやってもらいたいことをお願いするのですが、簡単に引き受けてくれる風俗嬢もいれば、困って考えてから「できない」と言う風俗嬢もいます。
私がお願いするのは、一人エッチとか、ストリップ劇場のポールダンスのような、男性を誘うようなダンスをさせたいのです。20妙程度でもノリでやってくれる女の子も多いのですが、聞いただけで「絶対に無理」という風俗嬢もいて、困ってしまいます。
しかし、このような話をしていると、何をすると恥ずかしいと思う子なのか分かってくるので、脱がしながらその部分をイジっていきます。女性との関係は緊張感がないと興奮とも高まらないと思うのです。
なので、堺デリヘル嬢や福原のソープ嬢と親しくなっていないときが一番盛り上がると思います。恥ずかしいことをさせて、そこからイジっていき、興奮度が高まった頃に本番をするのが私の好きなパターンなのです。
出来れば本番前に、一度はイカせたいのですが私のテクニックがないからなのか、それはとても難しかったりします。堺デリヘル嬢や福原のソープ嬢によっては簡単に何度もいく子がいるので、何度もイク様子を見ることができますが、その後グタッとなって、何も動かなくなるのは困ってしまいます。
堺デリヘル嬢や福原のソープ嬢によって、どんな女の子なのか観察して、遊び方を変えるのが楽しいのです。

デリヘルなどのヘルスの発展と進化

現在日本には、王道のデリヘルや最近人気の性感エステまでさまざまな風俗店が展開されていますが、特に多いのが「ヘルスサービス」を行うタイプの風俗です。簡単に言ってしまえば、ヘルスサービスとは本番行為を一切行わず、体や手、口などを使って性的快感を与えるサービスのことです。日本の風俗では本番行為が禁止されているため、このようなヘルスサービスが主流となっています。

ヘルスは以前は店舗型の風俗店が多く、それらは「箱ヘル」などと呼ばれました。箱ヘルはシャワーやベッドなどが置いてあるごく簡素な部屋でプレイを行うもので、ソープに比べると安価であったため、若者を中心に人気を集めました。

しかし、2000年代に入ってインターネットをはじめとした通信機器の発達に伴い、無店舗型のデリヘルがヘルスサービスの主流として台頭してきます。2010年代にはデリヘルが全ての風俗店のなかで最も多い業態となっています。デリヘルは、デリバリーヘルスの略であり、出張してヘルスサービスを行うものです。特にラブホテルや男性の自宅などでサービスを行います。地域によっては出張代が設けられているケースも多いです。また、同様のサービスでホテルのみでサービスを行う、「ホテヘル」っぽいう業態も現在とても人気を高めています。


人妻風俗嬢を選ぶ運命のじゃんけん

先日友人と一緒に人妻風俗を楽しんできました。
今回行ったお店は、制服プレイが楽しめるコスプレヘルスです。
友人と一緒にそのお店に入りましたが、ここで一つ問題がおきました。
ボーイの方が何枚かパネルをもってきてくれたんですが、私と友人ともに遊びたい嬢がかぶってしまいました。
こういったときは、一人で来ればよかったと思ってしまいます。
また、この時にボーイの方が見せてくれた残りのパネルの嬢が結構微妙な感じで、正直友人とかぶった嬢くらいしか良い子がいないといった状態でした。
これにはお互い悩みましたが、ここは恨みっこなしというかたちでじゃんけんで決めることにしました。
そして運命のじゃんけんの結果、友人が可愛い嬢と遊ぶことになり、私は残ったパネルの中からしぶしぶ遊ぶ嬢を決めました。
そして、先に友人が案内され、そのあとすぐに私が案内されました。
実際見た嬢は、写真通りあまり可愛くなく、私自身ぬければいいやという考えで遊びました。
そして結局あまりプレイを楽しむこともなく最後は嬢の手コキフェラでフィニッシュして、店を後にしました。
そして近くのコンビニで待っていた友人と合流しましたが、友人もあまり浮かない顔をしていました。
理由を聞くと、顔は可愛い嬢でしたが、サービスがだいぶ手抜きだったとのことでした。
そしてその後、二人で居酒屋に行き深い時間まで飲みました。

風俗の頂点はやはりソープでしょうね

ファッションヘルスやデリヘルみたいな風俗も勿論いいんだけど、風俗嬢の卑猥な穴に自慢の黒棒を入れることは禁じられていますので、やっぱりホンの少しだけ物足りないんですよね。それは法律上仕方のない事なんですが、だからと言ってアナルの方に入れるのはちょっと勇気がいるので出来ないと感じていませんか。やっぱり本当にエ…